House in Seya

Yokohama / Japan / 2011

82
82 Love 14,310 Visits Published
We have all ways have been interested in Nature. Nature that expresses time and change are some aspects that we try to incorporate in Architecture. Everybody feels and knows that the sky, sea, and forest are big but why does everyone feel this way? Would it be that when a person feels lost in the scale of things they start to feel that the thing is big. Scale is something important in architecture. That it why always think of size and height. If nature and architecture were to be the same and to have a close relationship with each other then when the scale is taken away from architecture or scale is added to nature then there might be a new relation ship created between architecture and nature. The house in Seya is on a small site located in a residential area. The client works in a flower shop and wanted a house that looks in harmony with flowers and vegetations. It is the norm to erect walls to enclose a space for a building but for the house in Seya we decided to enclose the outer space. This resulted in the creation of a space where it is neither a garden nor a room. The outer shell was built like a wooden storage and once the residence moved in to the space, by time there will be an increase in plants, book shelves or painting in the space will have the same quality as what nature where everything is in a state where it is neither finished nor unfinished. It was important that the client accepted that this architecture was in the process of change and that it came from the idea of adding scale to Nature, which resulted in the nature become closer to architecture and an architecture closer to nature. Rather then creating architecture that is completed but to create an architecture that is unfinished which lead to the creation of a new relationship between the internal and external spaces. The creation of this uncompleted space gives the space the quality to accept any kind of elements to be placed and give true strength to the versatility of the space. The uncompleted state can produce a rich space and we would like to continue to think about thee kind of space. 瀬谷の家 自然という存在に興味がある。 時間や変化を受け入れ強く存在する自然、そんな自然に限りなく近い建築の姿について 日々考えている。 空や森や海、あらゆる自然は大きい。 これは誰もが周知の事実であるが、なぜ誰もが大きいと感じているのだろうか。 空が何ヘイホウメートルあるのか解らないし、森も同様であり、その大きさ、 つまりはスケールが解らないと言うことが人々が大きいと認識してしまう きっかけがあるのではないだろうか。 そんな大きさについて考えてみる。 建築にはスケールがあり、それ故に大きさや高さについて考え続けているようにも思う。 自然と建築を等価に考える事で、互いが親密な関係を築くことができるとしたならば、 建築のスケールを排除するのか、あるいは自然にスケールを与えることによって、 新しい建築と自然の関係が生まれるのではないかと考えた。 瀬谷の家は住宅地の中にある小さな敷地での計画である。 クライアントの奥様はフラワーショップにお勤めで、植物や花の似合う住宅を望まれていた。 建築は内部空間をつくるために敷地内に壁という線を引くことでつくられていくが、 ここでは内部だけでなく外部をも同時に壁によって囲い込むことにした。 それまでスケールのなかった外部が壁で囲まれたことによってスケールが与えられ、 従来の室内と庭という関係ではなく、内部と内部の関係かのように置き換えられたことで、 庭でありながらも部屋のような場所になった。 建物のアウトラインを木造倉庫のような、ざっくりとした壁で構成としており、今後ここでの 生活がはじまると、時間と共に植物の成長、本棚が増設、絵が飾られるなどの生活の行為によって、 日々変化のある自然と同じ原理をもつ、毎日が未完成であり毎日が完成とも言える空間となっていくだろう。 建築は完成をむかえる。 この建築は日々うつろう建築であり、その変化自体を受け入れる事から始まる。 自然にスケールが与えられたことで、自然が建築化され、限りなく自然に近い建築となった。 完成された住宅部分と、日々うつろう未完成な庭部屋との関係は、時間と共に徐々に混ざり合っていく。 完成を目指して建築をつくるのではなく未完に向かうことで、内部と外部の新しい関係がここには生まれた。 予定調和な空間ではなく、予定不調和な状況自体をも許容できる、そんな空間は、ある意味では多くの要素を 許容できる真の強度を持ち得るのではないだろうか。 未完成という完成の先にある、いままでにない豊かさが、この場所に芽生えていくことを私たちは建築を通して 考えていきたいと強く思う。
82 users love this project
Comments
    comment
    Enlarge image

    We have all ways have been interested in Nature. Nature that expresses time and change are some aspects that we try to incorporate in Architecture. Everybody feels and knows that the sky, sea, and forest are big but why does everyone feel this way? Would it be that when a person feels lost in the scale of things they start to feel that the thing is big. Scale is something important in architecture. That it why always think of size and height. If nature and architecture were to be the same...

    Project details
    • Year 2011
    • Work started in 2010
    • Work finished in 2011
    • Main structure Wood
    • Contractor Timber construction
    • Status Completed works
    • Type Single-family residence
    Archilovers On Instagram
    Lovers 82 users