Akizuki no Tori House

Akizuki / Japan / 2018

97
97 Love 9,447 Visits Published

Akizuki is an old village formed in a valley carved out by the flow of the Notori River and has long been known as a famous place for its clean, clear water. Most houses in the town still dig wells for their own drinking supply, and the crops grown in the surrounding fields are particularly delicious. The streets are lined with ancient stone walls, samurai houses and machiya townhouses. It is a pristine town, very much rooted in the history and culture of the area.


The request from the client was for a guesthouse where anyone could feel comfortable, and for an architecture that could contribute to community development. Rather than jumping straight into the design, we were inspired to question what kind of architecture should exist here, and so began our design process by setting up a critical dialogue through regular visits and workshops.  


Through these investigations, we became intrigued by the nagayamon house typology. The nagayamon (gatehouse) is an interesting condition where people live inside the space that signifies a gate, which is like living inside the boundary between the town and the house. As the project site exists at the border of the old and new Akizuki towns, we decided to design a guesthouse that would symbolise a gate, linking the past with the present.


So the project began with a division, the public space on the ground floor and the private spaces above. The ground floor space is an open room, used for meals and exchanges like a salon where people can gather naturally on the land. The private spaces are raised above ground to reduce the effect of humidity in the Summer, and to ensure a more intimate connection with the surroundings for those staying the night. Although the main structure is wood, the raised volume is supported by a set of thin steel columns to emphasize the floating feeling of the gate.


The materiality of the project was formed through a careful balance between the honesty of the local vernacular and the simplicity of contemporary design. The black stained exterior walls that harmonize with the local landscape, in contrast to the sharp white interiors. The delicate shoji made from recycled drum skins. The hand plastered floor mixed with black sumi ink.  A balance to keep things from being static, whilst retaining the humility of the project intentions.  


It is a pleasure to wake up in the morning and wash your face with water pumped up from the ground below, in the diffused morning light from a shoji screen. Eating breakfast while overlooking the small forest of chestnut trees, you feel suddenly somewhere far away. In this sense what we tried to create was a quiet, affluent sense of time.


*


福岡・秋月に建つゲストハウスのプロジェクト


秋月は、野鳥川が削った谷にできた古い集落で、古くから名水の地として知られる。この谷の水で育った農作物はどれも大変に美味で、今もすべての家は井戸を堀って飲み水を得ている。


秋月は重要伝統的建造物群保存地区として指定され、野積みの石垣、武家屋敷、町屋建築、長屋門など街並みが保存されている。その美しい街並みから、筑前の小京都とも言われる。


秋月にどのようなゲストハウスをつくるべきか?


お施主さんからの依頼は、自分だけでなく誰でも泊まれるような場所にしたいということと、まちづくりに貢献できるような建築をつくりたいということだった。


私がアートプロジェクトに関わることが多いせいか、いきなり設計をスタートするよりも、まずは何をつくるべきか、じっくりリサーチしながら一緒に考えてほしいというようなタイプの依頼が多い。


このプロジェクトでも、しばらくは秋月やうきはなど周囲の文化を感じながら、対話を重ねていった。


対話の中で、私たちが面白いなと思ったのは、「長屋門」という建築の形式だった。長屋門というのは、この街にもいくつか残るが、街と家の境界を仕切る「門」でありながら、その門建築に人が住むという面白い存在である。


ちょうど敷地は、新旧の秋月の街の境目にある。ここに門のような建築をつくるのはどうだろうか。ということでプロジェクトが動き出した。


最終的に2つの棟に機能をわけることにした。


1つの棟は、50㎡程度の平屋の建築である。ここは食事や交流の場として使用される。料理人や陶芸家を招き、土地からの恵みを楽しむサロンのような場になる。宿泊者以外も使うことが想定されるので、分棟にして、訪ねやすい形にするのが良いだろうということになった。


もう1つの棟には、3つの個室を設えた。施主のセカンドハウスとしても使うし、友人を招いたり、会員制のホテルとしても運営出来るよう計画している。


個室棟は2階に持ち上げピロティにしている。これは敷地のすぐ横を流れる野鳥川の湿気の影響を避けるためであるし、このことによって「長屋門」のような感じになる。コストを抑えるために木造だが、門としての浮遊感を出すために、鉄骨の細い柱で支える構造としている。


内部も外部もひとつひとつ吟味した素材の組み合わせとしている。


文化的景観と調和する黒く染色した木の外壁、その対比としての白い内部空間。墨を混ぜた左官の床。太鼓貼りの障子。メンテナンスがしやすいリノリウムの床。


シンプルに、飽きがこないように、しかしコストをかけすぎずバランスをとった。


一部イタリアから照明や水栓機器を直接輸入し、シャープな感じを出した。


朝起きて、太鼓貼りの障子ごしの光の中で、秋月の大地からくみ上げた水で顔を洗う。隣の栗林を見ながら朝食を食べていると、ふと、どこかすごく遠くに来たような感覚に包まれる。私たちがつくりたかったのは、そうした静かで豊かな時間の感覚である。

97 users love this project
Comments
    comment
    user
    Enlarge image

    Akizuki is an old village formed in a valley carved out by the flow of the Notori River and has long been known as a famous place for its clean, clear water. Most houses in the town still dig wells for their own drinking supply, and the crops grown in the surrounding fields are particularly delicious. The streets are lined with ancient stone walls, samurai houses and machiya townhouses. It is a pristine town, very much rooted in the history and culture of the area. The request from the client...

    Project details
    • Year 2018
    • Work finished in 2018
    • Status Completed works
    Archilovers On Instagram
    Lovers 97 users